殖産ベスト

  • フリーワード検索

  • お問い合わせ

  • ログイン

  • お気に入りリスト

0120-493-015 受付時間:10:00~19:00(水曜休み)
会員専用物件が見れる!!会員登録募集中!

吉祥寺・杉並・中野・三鷹の暮らしや物件探しをサポートする情報サイト暮らしさがし

How to buy property物件購入前のあれこれ

住宅ローン控除を『受けれる物件』と『受けれない物件』があるってホント?!#暮らしさがし4

前々回の「住宅ローン控除ってどういう仕組み?」、前回の「住宅ローン控除を受けるには条件がある?!『人の条件とは』」に引き続き、今回は住宅ローン控除を受けるための『物件』の条件について解説します。実は、住宅ローン控除を受けることが「できる物件」と「できない物件」があるんです。

※当記事の最後に、動画による解説も掲載しております。今すぐ動画をご覧になりたい場合は、こちらからご覧いただけます。

 

 床面積が50㎡以上

住宅ローン控除を受けるためには、物件にも条件があります。

まず1つ目は、登記簿に記載されている床面積が50㎡以上であることが必要です。

ファミリータイプのお家は50㎡以上のことが多いので、該当する方は少ないと思いますが、念の為、注意点を次に記します。

ここでのポイントは、対象となる「床面積」が、物件を紹介されたときに渡される図面やチラシなどに記載されている面積ではなく、「登記簿面積」という点です。人に戸籍謄本があるように、建物にも「所有者が誰か」「どんな建物か」等が記載された「登記簿謄本」というものがあり、これは法務局等で取得することができます。この登記簿謄本に書かれている面積が、登記簿面積です。

 

 

 

 

みなさんがよく目にする、チラシ・図面などに記載されている床面積(建物面積)は、「壁芯(へきしん)面積」と呼ばれる、壁や柱の厚みの中心線で計測された面積です。

そして、戸建ての場合は登記簿謄本にも、この壁心面積が記載されています。

ところが、マンションの場合、登記簿謄本には「内法(うちのり)面積」と呼ばれる、壁の内側の面積(実際に使用することができるスペースの面積)が記載されているのです。これにより、マンションの場合は、チラシや図面での床面積と、登記簿謄本に記載されている面積とが違う場合があります。

そして、この計測方法の違いによって、面積が50㎡を超えるか下回るかが変わってしまう場合、要注意です。

登記簿面積が50㎡未満の場合は、住宅ローン控除が使えないだけでなく、他の税制優遇(登録免許税や不動産取得税などの減税措置)も受けられない、ということになりますので、気になる方は営業担当にご確認下さい。

 

 床面積の2分の1以上が居住用

床面積の半分以上が居住用であることが、住宅ローン控除適用の条件の2つ目です。

賃貸併用、事務所併用など、例えば、1階をお店や事務所にして、2階が自宅部分、というような使い方を想定されている方は注意が必要です。

また、例えば、賃貸併用で1階テナント、2~3階を賃貸、自宅部分は4階のみ、このようなケースは住宅ローン控除の対象外となってしまいます。

 

 築年数

築年数は、中古住宅を購入されるときには注意が必要なポイントです。

耐火建築物の場合築25年以内非耐火建築物の場合築20年以内であれば住宅ローン控除の対象となります。

耐火建築物とは、耐火性能のある(燃えにくい)材質を使用して作られている建物のことで、鉄筋コンクリート造の建物などがこれに当たります。一方、非耐火建築物は、燃えやすいものでできている建物で、木造住宅などがこれに当たります。

そして、登記簿謄本に建物の構造がどのように登記されているかによって、住宅ローン控除の対象になるための築年数の条件が変わります。

注意が必要なのは、「軽量鉄骨造」の場合です。一見、燃えにくいようにイメージされがちですが、軽量鉄骨造は「非耐火建築物」に分類されますので、住宅ローン控除の対象となるのは築20年までの物件、です。

そして実は・・・上記の築20年または築25年の年数を超えている場合でも、住宅ローン控除を受けることができる条件があります。

・耐震基準適合証明書がある

・既存住宅売買担保責任瑕疵保険が付保されている

・建設(既存)住宅性能評価書を取得、その中の耐震等級に係る評価が等級1~3に該当している

上記のような条件を満たしており、住宅取得日の2年以内に書類が取得されていれば、住宅ローン控除を受けることが可能です。

これらの書類は住宅の引き渡し前までに手続きをすすめる、もしくは完了しているものでなければ認めてもらえませんので、ご購入前に確認してみてください。特に、耐震基準適合証明書などは建築士による診断が必要なこともあり、発行するのに時間がかかることもありますので、事前のご確認が大切です。

また、これらが事前に取得されていれば、その物件のメリットとしてチラシに記載があったり、営業から説明があったりすると思います。それぞれの手続き、書類についても細かい条件などがありますので、気になる方は、担当営業に聞いてみてくださいね。

 

 動画

こちらから、動画による解説をご覧いただけます。ほぼ全編に渡って字幕を付けていますので、音声OFFでもお楽しみいただけます。

 

この記事を書いた人

殖産ベスト吉祥寺本店 取締役 カスタマー事業部 部長
矢島 大
スタッフ紹介ページはこちら