殖産ベスト

  • フリーワード検索

  • お問い合わせ

  • ログイン

  • お気に入りリスト

0120-493-015 受付時間:10:00~19:00(水曜休み)
会員専用物件が見れる!!会員登録募集中!

吉祥寺・杉並・中野・三鷹の暮らしや物件探しをサポートする情報サイト暮らしさがし

How to buy property物件購入前のあれこれ

大解剖!40代の住宅ローン事情~人には聞けないほんとのところ~#暮らしさがし2

「同じ世代の人たちはどのくらいの年収で、どのくらいの住宅ローンを組んでるの?」「頭金はいくらくらい用意しているの?」・・・なかなか、直接聞くことはできませんよね。

今回は、城西エリア(吉祥寺・杉並・中野・三鷹・世田谷)でお家のご購入をお考えの40代の方向けに、過去3年間に弊社で不動産をご購入いただいた40代のお客さまデータ、約400件を基に解説をしていきます。

※30代の方向けには、「30代の住宅ローン事情」の記事もご用意しております。

※当記事の最後に、動画による解説も掲載しております。今すぐ動画をご覧になりたい場合は、こちらからご覧いただけます。

 

 40代の年収について

まずは「年収」のグラフです。

左から右に向かって、年収が上がっていきます。グラフの棒の長さがお客さまの数です。600万円くらいから1,000万円くらいまでの間が一番のボリュームゾーンになっており、平均年収は999万円です。一般的な平均年収が約450万円、中央値で380万円前後、などと言われてる中で、倍近いこの数字・・・かなり高いですよね。

「年収1,000万円もない、、」と思われた方も多いかと存じます。上記は、ローンを組んだ主債務者の方の年収ですので、次に世帯年収のグラフも見てみましょう。

先程の主債務者年収のグラフと比べると、ボリュームゾーンはほぼ同じですが、年収1,200万円・1,500万円・2,000万円超あたりが増えました。

さらに、ローンを単独で組んでいらっしゃるのか、ご夫婦でペアローンにされるのか、その比較のグラフも見てみましょう。

このグラフは直近1年のデータですが、ペアローンの割合は約51%、過半数を占めています。ご自宅のご購入をご検討されている方は、お二人の収入を合わせると、世帯収入のグラフのどのあたりに位置しているのか、知っておくと今後のご参考になると思います。

 

 不動産購入における頭金

次に、「世帯年収と頭金」の分布図です。右にいくほど年収が高く、上にいくほど頭金が多くなります。

ご収入が増えればたくさん貯金もしていらっしゃるでしょうし、頭金もたくさんご用意することができるはずと考えがちですが、実際のご購入状況は、そうではないのが見て取れます。

グラフを見ると、1,000万円~2,000万円のあたりにプロットされていることから、40代の皆さまは堅実に貯蓄をされているご様子が伺えます。

一方で500万円前後のところにもプロットが多く集まっています。「頭金をたくさん入れたほうがいい」「たとえ少ない金利だとしても、もったいない」と言われることもありますが、実際には多くの方が不動産購入における頭金は大量投入せずに、1,000万円以下にとどめていらっしゃるのです。

こちらは、頭金の金額のグラフです。頭金1,000万円以下が全体の約67%を占めています。平均で見ると1,200万円ですが、実は、頭金400万円以下は約35%、200万円以下で22%近くいらっしゃいます。そうなんです、少額の頭金でも不動産は買えるんです!

さらに、ご収入が潤沢でお手元に現金をお持ちでも、今はあえて頭金0円というお客さまも約15%もいらっしゃいます。

 

 変動金利を選択する方が多い

次は、ローンについて見ていきましょう。

縦の軸が借入金額、横の軸が世帯年収です。幅広く分布していますが、ご年収が増えていくと購入できる物件の額も上がっていくので、全体的に少し右肩上がりになっています。

こちらのグラフで一番多いのは、世帯年収600~1,000万円前後のご家庭で、約3,000~6,000万円のローンを組んでいるというお客様です。借入額の平均値は5,601万円でした。

そして、このグラフの◯の色が表しているのは、金利の種類です。ほとんどの方が変動金利をご選択されています。

 

金利の種類だけをグラフで表すと、変動金利が約83%で、圧倒的です。ここでは説明が長くなってしまうので割愛しますが(後日、別記事で詳しくご説明する予定です)、簡潔にいうと今は金利が上昇する可能性がかなり低い超低金利時代と言われていますので、変動金利の恩恵を受けていこうというご判断をされるのお客さまがかなり多いということです。

実は、変動金利は、借りる銀行やお客さまの状況によって、適用される金利がそれぞれ異なります。チラシやネットにはよく「最優遇適用時」のように書いてありますが、実際は審査を経て、金利が決定されます。そして、審査後に皆さまがどのくらいの金利でローンを組んだのかを表したのがこちらのグラフです。

黄色い○が変動金利です。優遇を受けたあとの実行金利で大体0.4%~0.7%くらいが多いですね。平均は0.770%です。実際にローンを組む場合は、銀行で審査をして、この位の金利で借りられるという結果が出れば、大満足ということになると思います。

水色の○は、フラット35です。黄色の変動金利よりも高い位置にプロットされていますが、フラット35は、「借りている期間ずっと金利が固定なので安心です!」という商品なので、変動金利よりも高い位置にあるんですね。それにしても、全期間固定金利がこの位置というのは、本当に安いですね。

 

 ローンを組む年数

続いて、ローンを組む年数についてのグラフがこちらです。この記事をご覧になっているみなさまも、「定年までに完済するには・・・」と返済年数を計算されたことがあるかもしれません。

グラフを見ると、約74%の方が最長期間である35年ローンをご選択されています。

そして、35年ローンを組んでいらっしゃらない方の多くが、ご自身が組める最長年数を選択されています。80歳完済の銀行が多いので、45歳をすぎると年々ローンを組める年数が減っていってしまいます。40代の方で将来不動産購入をお考えの場合は、なるべくお早めのご購入をオススメいたします。

 

 まとめ

今回お伝えした数字やグラフは、当社のお客さまの過去の契約実績を基にしたものですので、憶測や可能性などではありません。

もちろん、各ご家庭でご事情は異なりますので、多くの人の真似をすればいいという話ではないのですが、他の方々の動向や傾向は、ご参考になるかと思います。

また、住宅ローンの性質や、頭金0円で不動産を購入する際の詳しいお話は、別の記事や動画で解説していきますので、お楽しみに。

 

 動画

こちらから動画による解説をご覧いただけます。

 

この記事を書いた人

殖産ベスト吉祥寺本店 取締役 カスタマー事業部 部長
矢島 大
スタッフ紹介ページはこちら