殖産ベスト

  • フリーワード検索

  • お問い合わせ

  • ログイン

  • お気に入りリスト

0120-493-015 受付時間:10:00~19:00(水曜休み)
会員専用物件が見れる!!会員登録募集中!

吉祥寺・杉並・中野・三鷹の暮らしや物件探しをサポートする情報サイト暮らしさがし

How to buy property物件購入前のあれこれ

【2022】住宅ローン控除、実際いくら戻ってくるの?~ペアローンと単独ローンでそれぞれ試算~

前回の記事でお伝えした2022年からの住宅ローン控除制度の改正。

今回は、実際にどのくらい控除されるのか、具体的な金額を計算してみます。

 モデルケース1:年収500万円×2人、ペアローンの場合

国税庁民間給与実態統計調査によりますと、令和2年分の正規雇用の平均年収は約500万円ということです。

1つ目のモデルケースは、共働きのご夫婦で、それぞれがこの平均年収である500万円、世帯年収としては1,000万円のご家庭で考えてみます。

世帯主年収 500万円
配偶者年収 500万円
扶養家族(16歳以上のお子さまの数) 0人
住宅ローンタイプ ペアローン
居住地 杉並区
購入物件とその性能 新築戸建、長期優良住宅(※1)
年末借入残高 2,500万円(1人当たりの金額)(※2)
所得税(年額) 13.9万円(1人当たりの金額)
住民税(年額) 24.4万円(1人当たりの金額)

 

(A)住宅性能(※1)による年間の最大控除額は、5,000万円×0.7%=35万円

(B)住宅ローンの年末残高(※2)による最大控除額は、2,500万円×0.7%=17.5万円

(C)支払い税額による控除額は、

所得税からの控除額=13.9万円(全額)
住民税からの控除額=24.4万円-13.9万円=10.5万円、となるところですが、住民税からの控除額の上限が9.75万円なので
所得税分13.9万円+住民税分9.75万円=23.65万円

上記(A)~(C)の中で一番小さい額が控除額となりますので、17.5万円(1人当たり)が還付される計算となります。

そして、こちらのご家族の場合はペアローンとですので、世帯で考えますと控除額は2倍となり、合計で35万円が還付されます。

注:住宅の種類/性能による住宅ローン控除の対象となる借入限度額(※1)は、前回の記事を参照。
注:住宅ローンの年末残高(※2)は、住宅ローンの返済が進むことで減っていきます。それに伴い、毎年上限額が変わりますのでご注意ください。

 

 モデルケース2:世帯主年収750万円、単独ローンの場合

以前、「大解剖!30代の住宅ローン事情」という記事で取り上げましたが、弊社でお家をご購入された30代のお客さまのデータによりますと、世帯主の平均年収は約750万円、借入額は約5,200万円でした。

2つ目のモデルケースでは、共働きのご夫婦で、世帯主のかたの年収750万円、単独ローンの場合を考えてみます。

世帯主年収 750万円
扶養家族(16歳以上のお子さまの数) 0人
住宅ローンタイプ 単独ローン
居住地 杉並区
購入物件とその性能 新築戸建、長期優良住宅(※3)
年末借入残高 5,200万円(※4)
所得税(年額) 39.3万円
住民税(年額) 41.8万円

 

(A)住宅性能(※3)による年間の最大控除額は、5,000万円×0.7%=35万円

(B)住宅ローンの年末残高(※4)による最大控除額は、5,200万円×0.7%=36.4万円

(C)支払い税額による控除額は、

所得税からの控除額=39.3万円のうち、(A)(B)の小さい額が上限となるので35万円
住民税からの控除額=0円(所得税分で住宅性能または年末残高による最大控除額を超えるので、住民税からの還付はなし)

上記(A)~(C)の中で一番小さい額が控除額となりますので、35万円が還付される計算となります。

こちらのご家族は、単独ローンですので、住宅ローン控除が適用されるのはローンの名義人のかただけとなり、35万円が還付されます。

注:住宅の種類/性能による住宅ローン控除の対象となる借入限度額(※3)は、前回の記事を参照。
注:住宅ローンの年末残高(※4)は、住宅ローンの返済が進むことで減っていきます。それに伴い、毎年上限額が変わりますのでご注意ください。

 

 まとめ

住宅ローン控除の制度の最大控除額は、過去記事や、前回の記事でもご説明したように、以下3つの上限があり、その年における一番小さい金額が還付されます。

(A)住宅性能による上限額

(B)住宅ローンの年末残高による上限額

(C)所得税と住民税による上限額

気になる物件を購入する場合の控除額についてお知りになりたい場合は、ぜひご遠慮なくお問い合わせくださいませ。