何でも相談できる街の不動産屋さん殖産のベスト

  • フリーワード検索

  • お問い合わせ

  • ログイン

  • お気に入りリスト

0120-493-015 受付時間:10:00~19:00(水曜休み)
会員専用物件が見れる!!会員登録募集中!

吉祥寺・杉並・中野・三鷹の暮らしや物件探しをサポートする情報サイト暮らしさがし

Local Information地域情報

ビールの新たな魅力と出合える! 三鷹初のビール醸造所「OGA BREWING COMPANY(オージーエー ブルーイング カンパニー)」

    • 三鷹市 グルメ
  • 個性的な味わいと種類の多彩さで人気上昇中のクラフトビール。三鷹初&発のクラフトビールのブルワリー(醸造所)「OGA BREWING COMPANY(オージーエー ブルーイング カンパニー)」はカフェが併設されていて、造りたてのクラフトビールが楽しめますよ。

 常時約6種類のクラフトビールを醸造

三鷹駅南口から徒歩約15分。マンションの1階にある「OGA BREWING COMPANY(オージーエー ブルーイング カンパニー)」は、2019年1月にオープンした三鷹初のクラフトビールのブルワリー(醸造所)。

“ローカルビア”をキーワードに、「三鷹ビール」(鷹BEER)、「吉祥寺ビール」(吉BEER)の2ブランドをはじめ、常時約6種類のクラフトビールを醸造。併設の「cafe HOOOOP(カフェ フープ)」で提供しているほか、市内の約15店の酒販店にも出荷しています。

(横並びで)左側、緑の「鷹BEER」「吉BEER」のロゴの向こうがブルワリー。真ん中から右がcafe HOOOOP(カフェ フープ)です。

 

 店内の様子

一見、普通のカフェっぽいですが、ビールの製造過程で生まれるというほのかに甘い香りがお店の前に漂っていて、ビール好きにはたまりません~。

店内にはソファ席のほか、大きなテーブル席や2人用のテーブル席、カウンターのほか、畳が敷かれたコーナーも。「寛げる」と人気で、冬はコタツになるそう。

左側の、ガラスの向こうが醸造所。

これまでに製造されたクラフトビールのビンもズラリと並んでいます。

今までに造ったビールは50~60種類。それらが全部違う味わいなんですって。飲んでみたい…。

 

 オリジナルビール

定番のオリジナルビールは、三鷹ビール(鷹BEER)2タイプと、吉祥寺ビール(吉BEER)の3種類。そのほか特別醸造で、三鷹産のキウイを使った季節限定の「KIWIフルーツビール」や、三鷹産小麦を使った小麦ビール「MITAKAさん」もあります。

ビンビールは1本594円

「MITAKAさんは、三鷹ファームさんとの出合いから生まれたビールです。通常ビールは大麦が使われますが、これは小麦と大麦を使っています。小麦の柔らかな甘みと口当たりのまろやかさが特徴なんですよ」と代表の小笠原さん。

ビールを醸造するタンクをガラス越しに見ながら、造りたてのクラフトビールが楽しめるなんて贅沢ですね。

 

 味も色も全然違う。個性豊かなクラフトビール

カフェではクラフトビールはもちろん、ソフトドリンクも各種。パスタやキッシュ(各500円)のほか、ちょっとしたおつまみ、トースト、デザートもあり、家族連れでも楽しめそう。

テーブルにあるメニューでオーダーを決めたら、カウンターで注文して代金を支払うシステムです。

クラフトビールは常時8種類を樽生で用意。カウンターの横のボードに、その日のクラフトビール名が書いてあります。

黄色で書かれているのが、OGAのビールです。

 

 テイスティングセット

どのビールが好みか分からなかったので、まずは選べるテイスティングセット(1000円)をオーダー。2種類のクラフトビール(各150ml)と、チーズ&チップスがセットになった“飲み比べセット”です。

三鷹ビール(ペールエール。ボードの1番)と吉祥寺ビール(4番)をチョイスしてテーブルで待っていると、運ばれてきました! 2種類のクラフトビールです。

左が三鷹、右が吉祥寺。色が全然違いますね!

「三鷹は、落ち着いた中にも若さがある感じ。吉祥寺は華やかで、いろいろな人の心をときめかせてくれる感じ。それぞれの街のイメージをビールにしてみました」と小笠原さん。

飲んでみると、三鷹はほのかに甘く、濃厚な味わい。一方、吉祥寺はさわやかで、ほのかにシトラスの香りがします。色だけじゃなくて、味の違いにも驚かされました。どちらも好きだけど、そのときの気分で飲みたいビールが違うかも。

“味の違いが楽しめる”というのはクラフトビールの大きな魅力なんですね。

セットのチーズ&チップス。ポテトチップスにとろ~りチーズが乗っているシンプルなおつまみなのに、ビールとの相性バツグンで止まりません。

さらに、もう一つ新しい発見! 「ビールは冷たいうちにゴクゴク飲むもの」と思っていたのですが、クラフトビールは温度による変化を味わいながら、ゆっくり飲むのが楽しいんですって。冷たい状態で出されたビールももちろんおいしいけれど、それが少しぬるくなると、味に深みが出て、また別の味わいが楽しめるんです。

 

 ラスポテト

少しずつ味わいながら飲んでいたら、もう少し何かつまみたい気分に。そこで、オススメの「ラスポテト」(S500円)をオーダー。

マッシュポテトをスティック状にしたフライドポテトで、味はスパイシーブレンド塩、明太マヨディップ、オーロラソースの3種類。このポテト、なめらかな口当たりでめちゃくちゃおいしい! 「濃厚な「三鷹」、フルーティーな「吉祥寺」のどちらにも合うし、ますますビールが進みました。

小笠原さんによると、クラフトビールのもう一つの楽しみ方が、フードとのペアリングなのだとか。

「ラスポテトはどんなクラフトビールにも合います。そのほか、三鷹ならスパニッシュオムレツ、吉祥寺ならソーセージ盛り合わせも合いますよ。いろいろ試して、ペアリングの妙も楽しんでいただけたらうれしいです」

クラフトビールの醸造のほか、広告代理店を経営し、3店のビアパブの運営も行うなど、多彩な顔を持つ小笠原さん。クラフトビールのラベルも自分たちでデザインしているそう。

「そもそもは人の集まる場所をつくりたかったんです。僕自身がクラフトビール好きというのもありますが、“こういうビールを造りたい、届けたい”という造り手のイメージがはっきりしているクラフトビールは、とてもいいコミュニケーションツールだと思ったのがきっかけです」と小笠原さん。たくさん種類がありすぎて何を選んだらいいか分からないときは、遠慮なく質問してみてください。

代表の小笠原恵助さん

 

 まとめ

麦とホップに酵母、そして水。とってもシンプルな原料なのに、組み合わせや配合のバランスでさまざまな味わいが生まれるクラフトビールは、その日の気分や好みに合わせてビールを選ぶ楽しさがあります。三鷹発のビールとともに、おいしいひとときを過ごしてみませんか。

 

OGA BREWING COMPANY / Cafe Hoooop

電話
0422-29-8210
営業時間
15:00~22:00
定休日
火・水曜
URL
https://www.facebook.com/ogabrewing/
住所
東京都三鷹市下連雀4-1-16、センチュリー三鷹1階