【時短営業のお知らせ】4/9より平日のみ11:00 〜 16:00の営業となります。

殖産ベスト

  • フリーワード検索

  • お問い合わせ

  • ログイン

  • お気に入りリスト

0120-493-015 受付時間:10:00~19:00(水曜休み)
会員専用物件が見れる!!会員登録募集中!

吉祥寺・杉並・中野・三鷹の暮らしや物件探しをサポートする情報サイト暮らしさがし

Local Information地域情報

こだわりのカレーと丁寧にいれたネルドリップ珈琲が絶品! 何度でも足を運びたくなる阿佐ヶ谷「黒猫茶房」

    • 杉並区 グルメ
  • 阿佐ヶ谷にある「黒猫茶房」は、音楽家のオーナーお2人が始めた喫茶店。長年の「珈琲専門店」と「カレー店」の経験と技術を生かした、こだわりがいっぱいのお店です。

 木彫りの猫の看板が目印

お店の場所は、阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分。スターロードの奥、突き当たりの手前にあります。

まっ白でかわいい外観。目印の黒猫の看板がなんともいい感じです。

 

 ハモニカ横丁「ガネーシャ」時代からの人気カレーが味わえます

こちらのお店の前身は、吉祥寺のハモニカ横丁で営業していた「ガネーシャ」というカレー専門店。2012年阿佐ヶ谷に移転し、「黒猫茶房」と店名を変えて再オープンしました。

「ガネーシャ」時代から人気だったオリジナルインドカレーに、ガネーシャ以前から長年培ってきた珈琲専門店での経験をプラス。両方が味わえるお店になっています。

自家製カレーは「チキンカリー」(1350円)、「季節の野菜カリー」(1550円)、「ハーフ&ハーフカリー」(1500円)の3種類。

11:30~15:00のランチタイムには「チキンカリーランチセット」(1350円。カリー、ご飯、サラダ、珈琲・ドゥミカップ付き)もあります。

チキンと野菜の両方のカリーが食べてみたかったので、今回は「ハーフ&ハーフ」をセットでお願いすることにしました。

 

 じっくり炒めたタマネギとスパイスで奥深い味わいのチキンカリー

まずは特製サラダが運ばれてきました。ゆで卵付きなのがちょっとうれしい♪

ドレッシングは酸味が効いていて、すっきりとした味わいです。

続いて、お待ちかねのカリーが登場!

右側がチキンカリー、左側が野菜カリー。一皿で2種類のカレーが味わえるのはとてもお得な気分で、テンションが上がりますね。

まずは、ガネーシャ時代からの名物カレーだというチキンカリーを一口。

う~ん、まろやかで濃厚でおいし~い。タマネギを多めに使い、じっくりと炒めているそうで、コクがある奥深い味わい。鶏肉も柔らかくて、大きくて、ホロホロでした。

ちなみに同店のカレーは小麦粉、スープストック、化学調味料は一切使用せず、良質の具材とスパイスのブレンドでおいしさを引き出しているのだとか。また自家製ヨーグルトをたっぷり使い、塩はにがりを含んだ天然の粗塩を使用しています。

11種類のスパイスが使われているというチキンカリーは、決して辛くはないものの、食べ進めていくと体の中からじわじわと温かくなってきました。

 

 野菜の水分のみで調理。うまみが凝縮した野菜カレー

続いて、季節の野菜カリーをいただきます。野菜の種類は季節によって違うらしく、この日の野菜カリーにはカリフラワー、完熟トマト、メイクイーン、タマネギがたっぷり入っていました。

野菜が甘くてトロトロ! 野菜の水分のみで調理しているそうで、うまみがギュッと濃縮されている感じ。さらにやさしい味わいの中、ピリッとした針ショウガがいいアクセントになっています

 

 豊かなコクとまろやかな香りが楽しめるネルドリップコーヒー

カリーはセットにすると、メニューにある飲み物が250円引きになります(ビール、ワインを除く)。

深煎オールドビーンズを、ネルを通して丁寧にハンドドリップするこだわりの珈琲は25種類もあり、どれにしようか真剣に悩んでしまう…。

なんとなくまったりしたい気分だったので、「リラックスしたいときにおすすめですよ」といわれた「カフェ・マリア・テレジア」(870円)をお願いしました。

珈琲にオレンジリキュールのコアントローを加えて、ホイップクリームをたっぷり載せたバリエーション珈琲です。

砕いた金平糖とオレンジのピールがトッピングされていて、見た目はもちろん、珈琲とオレンジの香りのハーモニーがとっても華やか。

アンティークだというカップもとても優雅で、エレガントな大人の女性のイメージですね! お店で使われているカップは、好きなものを一つ一つ集めていったそうです。

 

 オーナーお2人のこだわりが詰まった手作りのお店です

店内はカウンター5席と、小上がりにテーブルが2つとこじんまりしていますが、心地よいBGMが流れ、とても居心地のいい空間。

オーナーのぴらこさんと影男さんは音楽家で、「水晶の舟」という名で音楽活動もしています。

影男さんは画家でもあり、壁に飾られた絵は影男さんの作品だそう。さらに、右側の写真の琵琶に似た楽器は影男さんが手作りしたオリジナルなのだとか。

どんな音が奏でられるのかな、と思っていたら、「少しだけなら」と影男さん自らが演奏してくれることに! やさしくて情感豊かで、心に染み入るような音色でした。

実はこのお店、窓のない建物だったのを自分たちで7つの窓を作り、手作りのドアを付け、壁と天井を白く塗って…と、1年以上かけて少しずつ作り上げていったのだそう。2人の世界観と“好き”が詰まった、こだわりがいっぱいのお店です。

入り口の上にはステンドグラスに挟まれてバイオリンが飾られていました。

また、お店のあちらこちらには“黒猫”の姿が。

店内に流れるBGMは、店主がお店で録音したオリジナル音楽。ときどきお店でライブイベントも行っているそう。気になる人はぜひ出かけてみてください。

 

 まとめ

今回いただいたカレーと珈琲のほかにも、濃厚なコクと香りが楽しめるというブレンド珈琲やチーズトースト、ガトーショコラ、ガトーフロマージュなど、気になるメニューがいろいろ。おいしくて穏やかな時間を過ごしに、ぜひまた訪れたいと思います。

 

黒猫茶房

電話
03-3337-7202
営業時間
11:30~ 22:00(LO 21:00)
定休日
月曜(祝日、振替休日の場合は営業。翌日休業)
URL
http://kuronekosabou.com
住所
東京都杉並区阿佐谷北2-4-2