何でも相談できる街の不動産屋さん殖産のベスト

  • フリーワード検索

  • お問い合わせ

  • ログイン

  • お気に入りリスト

0120-493-015 受付時間:10:00~19:00(水曜休み)
会員専用物件が見れる!!会員登録募集中!

吉祥寺・杉並・中野・三鷹の暮らしや物件探しをサポートする情報サイト暮らしさがし

Local Information地域情報

“味わえる”ヴィーガンスイーツ専門店「Dragon Michiko」が吉祥寺にオープン!

    • 吉祥寺 グルメ
  • 個性が光るスイーツが集まる吉祥寺に、ヴィーガンスイーツのお店「Dragon Michiko」が1月5日にニューオープン。“植物性食材のみ=ヘルシーだけど美味しくない”と思われがちですが、こだわり抜かれた焼き菓子たちはどれも逸品でした!※表示した価格はすべて税抜きです

 赤いひさしとユーモラスなドラゴンが目印

吉祥寺通りにあるみずほ銀行と東急百貨店の間の道を進み、5つ目の角を左に曲がるとすぐ見えてくる、赤いひさしのお店。そこが、ヴィーガンスイーツ専門店「Dragon Michiko」です。
dragonmichiko1

ドア横のキュートなドラゴンのロゴが目を引きます。

dragonmichiko2

こちらのデザインは、絵本作家の大森裕子さんの手によるもの。ハードなイメージを抱きがちなドラゴンですが、この竜はラフでとてもユーモラス! 妙に愛着が湧く表情は、さすが絵本作家さんの作品ですよね。

 「こんなはずない!」7年間研究しつくした、こだわりの素材と味

店に入ると、お菓子が並ぶ棚と2人掛けの座席が3組。クラシックが流れ、優雅で落ち着いた雰囲気です。
dragonmichiko3

奥がお菓子を焼く厨房になっていて、あたりにはふんわりと甘い香りが漂います。ここにあるお菓子のすべてがこの厨房で焼かれているのだそう。

そもそも、ヴィーガンとはベジタリアンの一種で、植物性の食品のみを食す主義のこと。つまり、「Dragon Michiko」のスイーツは、卵や牛乳など動物性の食材を一切使わず、植物性の食材のみで作られたお菓子です。
dragonmichiko4

店長の山口道子さん(写真左)がヴィーガンスイーツを作り始めたのは、知人から頼まれたのがきっかけ。すでに通常のお菓子屋さんでパティシエとして働いていた山口さんでしたが、試しに作ってみたところ、あまり美味しくなくて驚いたそう。「こんなはずない、と思って試行錯誤を開始。別のヴィーガン専門店で働いて知識を得ながら研究し、今の味になるのに7年かかりました」と山口さん。
dragonmichiko5

とはいえ、山口さんご本人はヴィーガン志向ではないそう。「私は美味しいものが好きなので、肉も魚も食べます。食べ物を作る以上、美味しいものを届けたい。私が作れる美味しいものが、たまたまヴィーガンスイーツだったんです」

そんな山口さんが作るスイーツは、ヴィーガンの人だけでなく、牛乳や卵にアレルギーのある人にも大好評。安心して、しかもしっかりと味わって食べられるお菓子ということで、自然と周囲からも評判になり、ついに「Dragon Michiko」をオープンさせました。

 植物性の素材のみで作られた、素材の甘さが引き立つマフィン

今回は2種類のマフィンと、デカフェのブラックを注文。

1つ目はオーガニックストロベリーのマフィン(420円)。

dragonmichiko6

上にかかっている粉は、パウダーシュガーではなく、ココナッツパウダー。「マフィン自体にも白砂糖ではなく、甜菜糖やオーガニックメープルシロップを使っています」と山口さん。白砂糖は糖の純度が高く、体に吸収されやすいので、血糖値が急激に上がり体に負担がかかるのだとか。とことん体に優しい素材で作られているのですね。

食べてみると、小麦粉本来の味が口に広がり、甘さ控えめで素朴な味わい。後味にココナッツの香りがほんのりと香り、本当に優しい甘さです。

上にも中にも入っているオーガニックのイチゴを煮詰めた自家製ジャムは、まるごとイチゴを食べているような、フレッシュな印象。種のプチプチした食感も、果物を食べている感覚です。

大人も子どもも大好きな、イチゴ本来の甘みがたっぷり味わえます。

dragonmichiko7

2つ目は、1~2月初旬限定の「金柑のマフィン」(420円)。

お菓子に合う季節の柑橘、金柑を使ったマフィン。生地はオーガニックストロベリーマフィンと同じですが、甘酸っぱい金柑がプラスされると全然違う印象です。

果肉がジューシーなので、素朴なマフィンの生地と相性抜群。金柑の肉厚な食感と果肉の濃厚な甘みが、マフィンと合わさることでさわやかな香りと味わいを生み出します。皮のほのかな苦みもあり、大人向けな仕上り。後味すっきりのスイーツです。

金柑のマフィンが終了した後も、季節の柑橘系果物のマフィンは限定で登場するとのこと。季節ごとに違う味が楽しめるのは、嬉しいですね。

ちなみに、マフィンと一緒にいただいた“デカフェ”とは、カフェインレスのコーヒーのこと。山口さんのお気に入りのメーカーのコーヒー(企業秘密!)というだけあって、香り高いのにすっきりと飲みやすいテイストです。注文してからじっくりとドリップするため少々お時間がかかりますが、焼き菓子との相性はばっちりですよ。

 13時以降はティータイムでドリンクも楽しめる

お菓子のラインナップは、主にマフィン(各420円)やケーキ(各500円~580円)、スコーン(各250円)などの焼き菓子。
一般的なマフィンともたがわぬ見栄えで、とてもヴィーガンスイーツとは思えません!

dragonmichiko8

さらに、クッキー(各850円~880円)やオーガニックグラノーラ(100g/630円)など、長持ちするお菓子も。ちょっとしたプレゼントや手土産に喜ばれそうです。

dragonmichiko9

店内の商品は13時まではテイクアウトのみですが、以降はティータイムとなり、店内で食べるのはもちろん、ドリンクも注文可能に(ドリンクはどの時間帯もテイクアウト不可)。

ドリンクメニューは、現在デカフェのブラックコーヒー(550円)とソイミルクが入ったデカフェのラテ(600円)、紅茶(600円)、ルイボスティー(600円)が。現在はシンプルなドリンクが並びますが、今後種類は増えていく予定だそう。

ちなみに、開店時間の11時と、ティータイムが始まる13時ころに来ると、焼き立てのお菓子が味わえるチャンスとのこと。ぜひ時間を狙って訪れてみてはいかがでしょうか。

 まとめ

オープンして2週間ほどで、すでに地元の方がひっきりなしに訪れていて、吉祥寺ユーザーの注目度は高いよう。店名に“Dragon”を入れたのは、「スピリチュアルな力強さの象徴として。私が作ったお菓子で、お客様の人生に幸せと元気をお届けできたら」という山口さんの願いが込められています。ちょっぴり疲れた体に、優しさたっぷりのナチュラルなお菓子で癒されてみてはいかがでしょうか。

吉祥寺 DragonMichiko

電話
0422-22-7668
営業時間
11:00~18:00(13:00まではテイクアウトのみ)
定休日
月曜日・火曜日・第2、第4水曜日
URL
http://dragon-michiko.tokyo/
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-7 佐藤ビル1F